11月6日 5km閾値走

自分は週末は子供との時間を多くとりたいので、基本的には走らない。
もし走るとしても早朝まだ寝静まっている時間に抜け出すか、昼寝時間にサクッと走るかだが、最近は体力もついてきて昼寝もしなくなったので土日はほぼほぼ休足日にしている。



そんな訳で週の初めの月曜日は足の調子がいいことが多いので負荷のかかる練習をすることが多い。
んで今日の結果

4キロアップ後に5キロ閾値走、ダウン2キロ
計11キロ



いろんな人のブログやら本を見て、なにやらインターバルや閾値走というのが良いらしいと気づいたのが今年の春ごろで、そこから月に3,4回は閾値走というのを取り入れている。


ちなみに閾値走というのは、簡単に言えばある一定のスピード(閾値)以上で走ると急激に血中乳酸濃度が上がってしんどくなるから、そのある一定のスピードで訓練しちゃおうよ。
そうすればその閾値が上がって前回より楽になるよ。
ということらしい。
(間違えていたらすいません・・)




んで、今の自分の走力はハーフマラソン1時間28分なので乳酸閾値は4'10/km前後
このペースで20分やると効果的とのことだが、これがなかなかしんどい。
とりあえずこんな感じ



赤で囲んだ5km
ちょっと気を抜くと遅くなるし、頑張りすぎるとラストきついし、とにかく一定に走れてないのでダメダメですね。



ただ、この練習始めてから徐々にスピードに慣れてきている感触はあるし、なにより4'30~5'00/kmくらいのペースが楽に感じるようになっているのでかなり効果はあるように思う。


昨年まではただただダラダラと走る距離だけ増やしてたけど、それじゃあスピードの耐久はつかないよなぁ。




とりあえず今後も週1くらいのペースで取り入れて、今シーズンの結果次第で考えようかな。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。