湘南国際マラソン①当日まで

1日たって少し客観的に振り返れるようになりました。
まず、今回の目標は


①3時間20分切り
②それが無理でも3時間30分切りは死守
③ラップタイム5分/キロをこえない


でした。


結果から言うと




すべて達成できず(T_T)
ハーフ過ぎから足つった。
さすがに昨日は落ち込んだ。



まぁいろいろ敗因はあると思うので、次回に向けての記録として準備からゴールまでを振り返ってみようと思う。
(誰も興味はないと思うがあくまでも次のレースに向けた備忘録として)




まずは当日までの状況から


・2週間前くらいから徐々に練習量を減らしていった。
・7日前に喉が痛くて病院にいった。
・4日前に9キロほど走った。
・2日前に謎の頭痛。
・前日は頭痛少しよくなる。
・当日は体調の問題なし。


1週間前から体調不良って・・・。
自己管理の甘さを痛感。
結局レースまでの1週間は1度しか走れなかった。


あとは2日前の頭痛。
これは今まで経験したことない痛みで、一時はDNS(棄権)することも考えました。
何が原因かわからないので今後も対処のしようがない。
ただ、前日にはだいぶよくなって、当日には頭痛は気にならないレベルまで回復した。
いろいろ問題はあったけど、レース当日はどこも痛いところはなく体調面の不安はなかった。



こんな感じで調整ダメダメだったけど、レース前に後向きなことを言ったり書いたりするとはじめから言い訳しているようで、それはしたくなかったので何とかなると言い聞かせてました。
まぁ調整も実力のうちだし。







ここからは次回へ向けての調整期間の過ごし方


・練習量の減らしすぎ注意(3日くらい練習しないと気が緩む)
・風邪をひかないように(こればっかりは注意しててもひく時はひくが。)
・なるべく普段と同じように生活する(普段やらないことはしない)



調整期間にできることっていわゆる疲労抜きってやつだと思うんだけど、適度な負荷をかけつつっていう部分が経験がなさ過ぎてできていなかったんだと思う。




調整期間は以上。
レース当日の詳細は次回


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。